婦人

様々な通信講座から興味があるものを選ぼう|宅建の資格もある

幼稚園の先生になるために

生徒と先生

免許が必要です

幼稚園の先生、つまり幼稚園教諭になりたいのであれば幼稚園教諭の免許の取得が必須となっています、幼稚園教諭を免許を取得するのに最も確実な方法は教育学研究科など、子供の教育に関する専門的な知識を学ぶことが出来る大学に通い、その大学で定められている単位を修得して大学を無事に卒業できれば自動的に幼稚園教諭の免許を取得することが出来ます。また、保育士の人が幼稚園教諭になりたいのであれば平成27年度から導入されている幼稚園教諭免許取得の特例制度という制度を利用すれば大学で勉強しなくても幼稚園教諭の免許を取得することが可能です。ただし、取得には条件が一つあって、正規雇用の保育士として3年以上実務の経験があるかどうかというのが取得に必要な条件です。

免許取得に必要な科目とは

幼稚園教諭の免許を取得するには大学で単位を取得することが必要だと先ほど説明しましたが、では具体的に大学で幼稚園教諭の免許を取得するにはどういった科目の単位を取得する必要があるのでしょうか。免許取得に必要な大学の必須科目はあらかじめ厚生労働省で定められています。免許には大一種免許、二種免許、専修免許の3種類があり、それぞれに必要な単位が違ってきます。大まかに分けると大学を卒業するのに必須となる科目、園児に教えるための教科を勉強する科目、教職に関する取り決めなどを学ぶための科目の3種類に分けられます。免許によって実際に勤務した時に違いが出るので、自分が将来どういった教師になりたいかを決めてから免許を取得すると良いでしょう。