ウーマン

様々な通信講座から興味があるものを選ぼう|宅建の資格もある

知識を得る事ができる

背広の人達

ビジネスシーンにおいて取得しておいて損をしないのが様々な資格です。取得するためには自分で勉強をしたり、専門学校に行ったりして勉強をする必要がありますから、自分のライフスタイルに合った勉強方法を見つけて、資格の取得を目指しましょう。

幼稚園の先生になるために

生徒と先生

幼稚園教諭になるために最も確実な方法は専門的な知識を学習できる大学に進学して卒業することです。免許の取得には必要な科目の単位が必要なので、在学中は単位を落とさないように気を付けましょう。また、免許の種類によって将来の道も変わってくるので自分の目指す道を決めてから免許を取得すると良いでしょう。

子供好きの目指す仕事

男性と児童

保育士になるためには学校に通うことが良いと言えます。座学で子供について学ぶだけではなく、実習を通して保育について学ぶことができるからです。子供の教育をしていくことと、親に対しての接し方を学ぶことが大切です。

人気の資格に挑戦する

女性

就職・転職の際に有利

宅地建物取引士、通称宅建は、日本で最も人気がある国家資格です。人気の理由は、何と言っても就職に直結する資格だという点にあります。宅建の有資格者は、不動産の仲介を行う際に必ず行わなければならないとされている重要事項の説明及び書面の交付事務について、独占的に行うことが認められています。そのため、不動産業界では非常に需要の高い資格です。さらに、宅建の持つ不動産関連の専門知識は工場や店舗などを購入したり賃借したりする際にも生かされます。そのため、一般企業においても有資格者が優遇されています。宅建の資格試験は毎年1回実施されますが、人気を反映して学習の機会も非常に数多くあります。通学講座・通信講座・市販の参考書による独学など、さまざまなアプローチが可能です。

仕事の合間にも学習可能

宅建の試験には受験資格の制限がなく、学生から高齢者まで誰でも受験することが可能です。そのため、キャリアアップを目指すビジネスパーソンや子育て中の主婦なども受験者の中に多数名を連ねています。こうした人たちの間で特に人気なのが、通信講座です。通信講座は、忙しい時間の中で自分なりのペースで学習を進めていくことができます。しかもまったくの独学と異なりカリキュラムをこなしていくごとに達成感が得られるため、モチベーションを維持するのにも役立ちます。宅建試験は全問がマークシート方式の択一試験であり、過去に出題されたのと同じ問題が何度も主題されるという特徴があります。そのため、通信講座のテキストを使ってしっかり反復学習すれば、十分に合格のチャンスがあります。